沖縄出発への期待と不安。

Google



 

春一番のような風が吹いています。

そろそろ猫ちゃんの毛の生え変わりの時期だなと

少し気になり始めました。

杉澤です。こんばんは。

 

さて、念願の沖縄移住も月末に迫って参りました。

先月末辺りから何か言葉にできない気持ちに心を支配されております。

頑張って言葉にするとしたら 

期待と不安と淋しさが混じったような感覚です。

期待10:不安0

実は今回の沖縄行きは一年以上前から決まっていた事でした。

2019年の春頃とざっくりではありましたが

約3年という期限もあります。

 

このポイントを目標に、

仕事や住居の整理など少しずつ調整してきました。

 

元々沖縄に住んでみたいという夢があったので、

初めはすごく楽しみでワクワクした気持ちでいっぱいでした。

沖縄での生活とか、全離島制覇したいなとか、

キャンプとかドライブとか観光とか

いろんな事を妄想しては

頭の中を沖縄カラーに染めてました。

行きたいところもほぼチェックして、

情報収拾が楽しくて仕方ありませんでした。

期待7:不安3

それが、出発まで半年となった昨年の秋頃からは

少し心の中の様子が変わってきました。

漠然とした不安みたいな感覚が30パーセントくらい出てきたのです。

 

故郷を離れるのはこれで2度目。

1度目は進学のため

18歳の春、東京に出た時でした。

 

若いというか子供だったし、

期待しか持ってなかったし。

故郷や友達と離れることには何の感覚も無かった気がします。

 

でも今回は何だか感覚が違うのです。

故郷を離れた暮らしに少し不安を抱いてしまっていました。

期待3:不安1:淋しさ6

その気持ちが一気に増したのは2月の末。

出発まで1ヶ月ともなると

知らない土地に行くのが不安なのではなくて、

淋しさが強いんだなという事に気付きました。

 

故郷を離れること。

親族や友達と離れること。

引越し先の事やいろいろな事情により、

とりあえずしばらくは

わんちゃんと二匹の猫ちゃんのうち一匹は実家に預けなくてはいけないこと。

 

淋しいからってもう進む事しかできないので、

その気持ちがそれ以上に大きくならないように

あまり考えないようにしていました。

測定不可のカオス到来

そして、出発までのカウントダウンに入った現在。

期待も不安も淋しさもまぜまぜの

カオスな状況を心に抱え

準備の締めに入っています。

 

しかももう焦点はワクワクのみに定めて

自分をワクワクゾーンに追い込んでいます。

ひと月後の感覚

こんな感覚を持ったままカウントダウンを過ごしておりますが、

どんな時でも楽しさや面白さを探すのがわたくしの流儀です。

今夜はこんな事を書いてしんみりしておりますが、

来月の今頃はどんな風に感じているのでしょう。

今夜のこの気持ちを来月のわたくしはどう受け止めるのでしょう。

それを考えると楽しくて面白くて少しワクワクします。

 

伶花

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

沖縄移住が気になる方はこちらもチェック

Okinawa Life | Merry-g
「Okinawa Life」の記事一覧です。




シェアする

フォローする




沖縄出発への期待と不安。