ブログやTwitterに投げ銭できるシステム!ユグドアとは!?

Google



 

企業勤めを辞めてから、YouTu観るberになりました。

杉澤です。こんばんは。

 

実はわたくし、恥ずかしながらYouTubeのライブ配信の「投げ銭・スーパーチャット」システムを少し前に知り、とても衝撃を受けました。

人気のあるYouTuberや配信主の方には、おひねり的な投げ銭がバンバン飛び交うという、すごい世界を垣間見ました。

と言うわけで、最近知ったブログやWebサイトでも利用できる「投げ銭」システムをこのブログにも導入してみたので、ご紹介したいと思います。

YggDoor・ユグドアの設置の仕方

サイドバーや記事下部の方に貼ってあるピンク色の矢印の部分が、YggDoorユグドアのリンクです。

システムは簡単、リンクから入って「ホームページアドレス」に投げ銭したいサイトのURLかTwitterのアドレスを貼り、贈りたいチップ金額を入力して注文するだけ!

クレジットカードや銀行振込で決済し、チップを受け取る方も送った方も完全匿名で行えるのが特徴!

ちょっとしたメッセージ機能もあるので、応援メッセージも送信できます。

YggDoor

お気に入りのホームページにチップを贈ろう。

世の中にある1兆を超えるホームページ全てが送金先になるサービスです。ホームページアドレスさえ分かれば、そのウェブサイトのサービスに対価を支払うことができます。

YggDoor公式サイトより
ユグドア|チップの送金を世の中全てのホームページへ。
ユグドアはホームページアドレスが分かれば、世の中のどのホームページにもチップを送金することができるサービスです。

こんな時に使うと便利なYggDoorのチップ送金機能!

  • 芸能人を応援・芸能人のサイト又はTwitter
  • 震災復興支援・都道府県や団体のサイト又はTwitter
  • 落し物のお礼・個人のサイト又はTwitter
  • ホームページの維持管理費応援・個人や法人のサイト又はTwitter
  • 活動内容に賛同・個人や法人のサイト又はTwitter

Webサイトだけでなく、Twitterアドレス、モバイル用Twitterアドレスでも送金・受け取りができるので便利です。

チップを受け取るには、YggDoorにサイトかTwitterアドレスを登録すれば、YggDoorが預かっているチップを受け取ることができます。

バナーやブログパーツもあるので、好きなページに配置して投げ銭を受け付けることもできます!

このページをチップで応援 このページへチップを贈る このページをチップで応援

Open Tip Licenseも明記しよう!

Open Tip License

Open Tip Licenseとは、例えば動画サイトにチップを贈った場合、そのチップによって、動画の企画提案や著作権等に影響を及ぼすものではなく、あくまで応援するための後払いの投げ銭であり、動画の新作を強制するためでも、責任を問われる訳でも、返金を求めたり求められたりするものではありません。

つまり、受け取る方も送る方も気持ち良く利用できるようにOpen Tip Licenseが存在します。

YggDoorが作成し、第三者の弁護士による確認後に公表されているページを複製利用可能として公開してあるので、投げ銭システムを利用する際にはこのライセンスを明記しましょう。

Open Tip License・チップを渡す時のきまりごと

他にも色々ある投げ銭システム

わたくしは登録の気軽さとわかりやすさから、YggDoorを設置してみましたが、他にも「投げ銭」として使えるシステムがあります。

PayPal.Me

気軽に送金できるシステムとして有名なPayPalの、PayPalMeというシステムを使えば、投げ銭システムとして利用することができます。

PayPal.Meとは
ソーシャルメディア上で、商取引の決済・請求を簡単にするサービスです。自分のリンクを作成し、Eメール、SMSのほか、インスタグラムやFacebookなどのSNSでシェアすることで、受取った相手は、モバイルに最適化された画面から簡単に支払うことができます。

PayPal.Me

amazonギフト券

おなじみのAmazonギフト券を投げ銭として贈ってもらうのも便利です。

Osushi

Twitterで利用できるOsushiは、お金として受け取るのではなく、ネタに応じて設定されている金額のお寿司を、寿司ネタやお寿司の食事券などの商品と交換できるシステムです。

 

お寿司を送る

 

色んな人と繋がって楽しみたい!

面白い投げ銭システムが色々ありましたね。応援したり応援されたり、色んな人と繋がると視野が広がって楽しそう!

投げ銭システムを設置したからには、これまで以上にコンテンツを充実させたり、楽しんでもらえるような努力をどんどんしていかないといけないなと気合いが入ります。

もしこの記事を気に入ってくださったら、投げ銭応援よろしくお願いします!

このページへチップを贈る

伶花




シェアする

フォローする




ブログやTwitterに投げ銭できるシステム!ユグドアとは!?