Macが遅いを解消するたった6つの方法!(初心者用)

Google



 

MacBook Airに変えて5年程経過しましたが、なんの不調もなくとっても快適で、ホントに素敵な相棒だなと日々感謝しております。

杉澤です。こんにちは。

薄いし軽いし、持ち運びも便利で動きも速い。そして何よりスタイリッシュ!

ここ数年で買って良かったものの中でトップだなと思える程仲良しアイテムなのですが、やっぱりたまに挙動が遅くなったり重くなったりするのはパソコンの宿命であります。

という訳で今回は、Macが遅い、重いを解消するたった6つの方法をご紹介します!

Macが遅いを解消する方法

①デスクトップはシンプルに

机の上に色々なものがごちゃごちゃと散らかっていたら、作業効率はよくありません。パソコンも同じでデスクトップに色々なファイルやフォルダ、画像があるのはMacにとってはとても負担。デスクトップに置いておきたいものはフォルダ毎にまとめて、可能な限りデスクトップを綺麗な状態にしましょう。

②いらないアプリは削除する

ウィンドウズ程ではないですが、Macにも標準装備されたアプリがアレコレ入っています。使っていないアプリは邪魔だし、負担になります。自分に必要のないアプリはどんどん消して、スッキリさせましょう。

③ゴミ箱は空に

知らないうちに地味に溜まっていくゴミ箱。たまにゴミの中から復活させたいファイルもあるので、ゴミ箱の中身の精査をしたり、一定の期間を決めてクリアするなどのルールを作って、出来るだけゴミ箱の中もスッキリした状態に保ちましょう。

④Dockは必要最低限に

画面の下部などに、いつも使うメニューを表示させているDockがあります。この部分も負担になる場合があります。あれもこれもと、よく使うメニューを色々表示させておくと便利ですが、必要最低限に絞り込んで表示させます。

⑤セーフモードで起動する

パソコンに溜まったキャッシュはセーフモードで起動することでクリアにできます。

Mac終了→起動+shiftキー長押し→Appleロゴと起動インジケーター表示→shiftキー離す

Macを終了させてから起動するまでには10秒程間隔を開けましょう。

⑥PRAMをクリアする

PRAM(Macの基本設定のメモリー領域)は、保存した情報に素早くアクセスできるとても便利な機能なのですが、ここに沢山のメモリーが溜まっていくと、Macが遅くなったり重くなったります。

なので遅くなったと感じたら、PRAMをクリアにすることで、Macの動きを軽くすることができます。わたくしの場合は⑤で起動した後に⑥を実行する方法を主に実行しています。

Mac終了→起動+(command+option+P+R)→起動音合計3回鳴る→()内のボタンから手を離す・4回目の起動音鳴る

Macを終了させてから起動するまでには10秒程間隔を開けましょう。

いつも整理整頓がやっぱり基本!

大好きなMacとはいつも気持ちよく付き合いたいです。でもたまに遅くなったり重くなったり、すぐに言うことを聞いてくれない…そんな時には⑤と⑥の方法でスッキリ快適に動いてくれるようになります。

だけど、やっぱり日頃から気を付けておきたいのは、デスクトップや不要なファイル、ゴミ箱などを整理整頓しておくこと!

作業に追われてごちゃごちゃしてくるのは仕方ないですが、作業終わりにはスッキリと整理整頓して、普段からMacに余計な負担を掛けないように心がけましょう。

伶花




シェアする

フォローする




Macが遅いを解消するたった6つの方法!(初心者用)