DJI Telloならドローンデビューの3つの条件をクリアする!

Google



 

4月も後半になり、わたくしの住む地域ではまるで初夏のような気候です。外でバーベキューをしたりキャンプに行ったり、アウトドア欲が旺盛になる時期になりましたね。

杉澤です。こんばんは。

 

さて、わたしが前々からやりたいと思っていたことに「ドローンの空撮」という項目がございました。やりたい事をやりたい時にやって楽しい毎日を過ごすというのがこのブログのコンセプトなので、早速ドローンを購入する事に致しました。数々のドローン達人のレビューを拝見して、色々と調べた所、以下がドローン界での常識だそうです。

ドローンといえばDJI

◆ドローンといえばDJI社がダントツである。

◆ドローンといえばDJI社のPHANTOMシリーズが最強である。

DJI社の最強マシーン PHANTOM4Proプロモーション動画

なるほど、素晴らしくカッコイイです。

【DJI公式】Phantom 4 Pro – 即日発送 ドローン ファントム4プロ 【送料無料】

お値段も素晴らしい。。。かなり上級者向けのようです。

ドローンを操縦する上で一番大切な事!

ドローンを飛ばすのには技術だけではなく航空法や条例の規制が付き物だそうです。無人航空機を飛行させる場合は国土交通省の許可が必要。ただし、200グラム未満の機体は適用外!

という事で、わたくしのような初心者素人は以下の条件を考慮して購入できる機種を検討いたしました。

条件1・お手軽なお値段である

全くの素人なので壊してしまうかもしれない。なるべく痛手の少ない価格は外せません。

条件2・航空法の規制の適用外である

もちろん航空法を学んだ事もなく、申請や許可の取り方などはわかりません。それならは許可や申請の必要のない200グラム以下の機体である事は重要なポイントです。

条件3・カメラが付いている

ドローンを飛ばすに当たって、一番やりたいことは空撮なのでカメラ付きの機種が必須です。

以上の点を考慮して、全ての条件を満たして決定したのがこちら!

超小型高性能ドローン・DJI Tello

新発売 Ryze Tech Tello Powered by DJI

「コストパフォーマンスが良いよりも更に上を行くパフォーマンスを見せてくれる」と、ドローン遣いの方達も大絶賛されておりました。また、ゆくゆく資格を取ろうと思っている方も、DJI機で練習していた方が有利との事でこちらに決定致しましたよ!

本体は80グラムの手のひらサイズでカワイイ!!スマホにアプリをインストールしてコントロールするので、ゲームみたいで楽しい!自動的に水平安定飛行をしてくれるので、素人でも簡単に飛ばせました!とても優秀なドローンです!

早速初めての空撮!

飛んでいる様子!

YouTubeにアップすると多少画質は落ちていますが、端末に保存している動画の画質は良好です。

という訳で、念願のドローン空撮の夢が叶いました。これからはキャンプや旅行に連れて行って、海とか山とか川で撮影したいと思います。夏のお楽しみが増えました!

これからドローンの購入を検討されているなら、初心者がとても扱いやすいDJI Telloを是非おすすめします。

初めての空撮でも、美しくて文句のつけられない動画が撮れますよ!

伶花

 





シェアする

フォローする




ドローン 空撮 dji 価格 資格 おすすめ 初心者 規制